貯水槽の清掃

ビルやマンション、ホテルなどの貯水槽清掃

水を貯める施設・設備である貯水槽は、受水槽・高置水槽・圧力水槽などの種類があり、これらは定期的なメンテナンスや清掃を行わないと、水の供給トラブルや人の健康を害する恐れがあります。毎日使う水だから、安心して使えるよう点検清掃をおすすめします。

個人/企業の方向け
水道を使う中で・・・、水道から異臭がする、水が出なくなってしまった、鉄サビや赤水などが出る、貯水槽が原因かも・・・

水道法で定められている、受水槽設置者
(ビル・マンション・アパートのオーナー)が行うべき管理

管理基準

貯水槽の有効容量が10uを超える簡易専用水道

(清掃・点検)

  • 一年以内に一回、定期的に行う。
  • 水槽の点検
  • 給水栓における、日常の簡易な水質検査
    (残留塩素・色・濁り・臭い・味)
  • 異常があった場合、水質基準に適合するかどうかの水質検査を行う。

(検査)

(管理状況の定期検査の受検)

  • 一年以内に一回、登録検査機関等による検査を受ける。

(届出)

  • 給水開始・変更・廃止の届出を速やかに行う。

貯水槽(受水槽施設)とは

高いビルや大きな建物などで、水をたくさん使う場合に、前もって水を溜めておくために設置されている水槽のことで、受水槽から末端の給水栓(蛇口)までの給水装置や水質は建物の所有者や管理者の責任になります。

写真でわかる、貯水槽清掃、清掃の様子、貯水槽内の隅々まで、清掃します。清掃前後、貯水槽の清掃前後

その他、各種ハウスクリーニング(引越後、引き渡し清掃等)承ります。ご相談、お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

お見積り無料、お問い合わせ0465-35-9581、対応エリア:神奈川県西部を中心とした地域