下水道管内カメラ調査

人の手の届かない管内には、
特殊カメラを用いてその状態を調査します。
これら下水道カメラ調査は、一般家庭の下水道管調査から、災害時の公共の下水道管などの調査を行い、管の太さ・形状により適切な機器を用います。

自走式カメラ

下水道は長年使っていると、土砂の堆積やヒビ割れにより地下水が浸入したり、ヒビ割れ部や接合部より木の根が生え、管内の汚水の流下を妨げたり、地下変動により下水道管が歪んで勾配不良を起こしたり等、様々なトラブルが発生します。

しかし、皆様の生活に関わる下水道は、その流れが止まることがあってはいけません。

そこで定期的に管内カメラで調査し、異常を早期に発見することでトラブルを未然に防ぎます。

管内のカメラ調査機器

こんな用具で、下水道を調査・メンテナンスします。

  • 管内調査カメラ 細い管内を調査します。

    管内調査カメラ
    細い管内を調査します。

  • マイクロハンディスコープ 管の中を調査します。

    マイクロハンディスコープ
    管の中を調査します。

  • 管内調査状況 カメラで見る管の中です。

    管内調査状況
    カメラで見る管の中です。

その他水まわりのご相談承ります。
お気軽にご相談下さい。
お問い合わせお見積り無料 0465-35-2038